logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本
投稿日 2014年10月25日
最後に更新されたのは 2014年10月28日

Hikaru Taga によって

Livres d’artistes par les maîtres du XXe siècle

Œuvres de Lautrec, Léger, Matisse, Derain…
Musée des Beaux-Arts Pola jusqu’au 29 mars 2015 de 9h à 17h (tous les jours sauf le 21 janvier)
シャガール、マティス、ミロ、ダリをはじめとする画家たちが取り組んだ版画の技法による豪華な挿絵本の世界を堪能できる展覧会。

Cirque de Fernand Léger
Fernand Léger, Cirque, 1950, Pola Museum of Art

挿絵本とは、フランスで19世紀末から20世紀中盤にかけて隆盛した版画の出版物のことで、画商や出版社の依頼で画家たちは古典文学や同時代の詩人の作品等から原作を選び、あるいは自らテキストを書いて、挿絵を制作した。それらは卓越した版画技法が用いられた版画作品で、絵画や彫刻に勝るとも劣らない傑作に数えられている。また版画作品としてだけではなく、画家達による文字と挿絵のレイアウトや表紙などのブックデザインも愉しむことができる。

世界でもっとも美しいとされる3冊の挿絵本、シャガール『ダフニスとクロエ』、マティス『ジャズ』、ミロ『あらゆる試みに』のほか、名だたる画家達の挿絵本、関連作品をポーラ美術館のコレクションの中から展示。また展示スペースのほかにも、20世紀初頭の美術品コレクターで愛書家のD氏の書斎を再現したスペースや、マティスの《ジャズ》制作過程を追体験できる”アペンディクス”(書物の付録)スペースなど、挿絵本の世界に自然と入り込みその魅力に触れることができる。

ポーラ美術館 展示室1・3
2015年3月29日(日)まで
会期中無休(ただし2015年1月21日は休室)
9時〜17時 ※最終入館は16時30分
一般 1800円 大学・高校生 1300円 65歳以上 1600円 中・小学生 700円(土曜日無料)
0460-84-2111
http://www.polamuseum.or.jp

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!

<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。

メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。

質問「Quel est le prénom du peintre Léger?」

締め切りは2014年11月10日(月)です。
応募先 :contact@franc-parler.jp

複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。