logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋
投稿日 2019年4月12日
最後に更新されたのは 2019年4月11日
<span class="caps">JPEG</span> - 29 kb
シャルル=フランソワ・ドービニー《オワーズ河畔》1865年頃 油彩/板 32.2×56.8㎝ ランス美術館
Crédits : ©Christian Devleeschauwer
バルビゾン派の中核を担い、”水の画家”の異名をとるドービニー。彼の作品を目の当たりにすれば、その意味を理解するのにそう時間はかからないだろう。自然をありのまま描き出す彼の作品は、モネやピサロなど印象派の画家たちへ多大な影響を与えている。
ドービニーは船をアトリエとし、描きたい景色を求めて旅をしながら制作活動を行ったことでも知られる。船の中で水面の中心から描かれる河辺の風景は、日常でありながら、どこかおとぎ話の世界に足を踏み入れたような、そんな幻想的な景色にも思えるのが興味深い。彼の版画集には食事の風景や魚釣り船など、船内での生活場面も描かれており、絵画作品とは一味違うユーモラスな一面も垣間見れる。
彼の描く風景画には”風”を感じることができる。木々の影、水面に映る空、ドービニーが生きた時代と変わらない”風”が今もそこには吹いている。春の風と共に、ぜひ美術館に足を運んでみてほしい。(Eiko Suzuki)
 
会 期 : 2019 年 4 月 20 日 (土) ∼ 6 月 30 日 (日)
会 場 : 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(新宿)
月曜日定休 (ただし4月29日、5月6日は開館)
開 館 時 間 : 午前 10 時から午後 6 時まで(ただし6 月 25 日から 6 月 30 日は午後 7 時まで)
※入館は閉館 30 分前まで
観覧料 : 一般 1,300(1,100)円、大学生 900(700)円、高校生以下無料
※( )内は前売および 20 名以上の団体料金
● 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示のご本人とその付添人 1 名は無料。
被爆者健康手帳を提示の方はご本人のみ無料。
03−5777−8600(ハローダイヤル)

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!
 
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。
 
メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。
 
質問 「Daubigny fit partie de quelle école de peinture?」
 
締め切りは2019年4月22日(月)、正午です。
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。
qrcode:http://franc-parler.info/spip.php?article1345