フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

『ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ』
投稿日 2018年7月18日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 83.2 kb
《Ⅲ.不恰好なポリープは薄笑いを浮かべた醜一つ目巨人のように岸辺漂っていた》『起源』1883年 リトグラフ/ 紙 岐阜県美術館蔵 [前期展示 ]
『ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ』
 19世紀後半から20世紀初頭のフランスで活躍した画家、オディロン・ルドン(Odilon Redon)。当時注目されていた印象派とは一線を画し、幻想的で神秘的な世界を得意としたルドンは「夢の世界に生きた孤高の幻想画家」として知られているが、果たしてそれが彼のすべてだろうか? 
 この展覧会では、「水」、「翼」、「花」といった主題ごとにルドンの画業を紐解き、幻想的な作品を創作する現代作家の作品と並べ、水木しげる等の漫画作品への影響を検証していく。ドロドロしていて不気味なイメージが先行しがちなルドンだが、この展覧会で、次々と新しい発見ができるのではないだろうか。《日本風の花瓶》(1908年)に描かれる可憐で繊細な花々を見ていると、ふわっとした優しい空気に包まれるよう。土曜日は、小中学生の入館料が無料。大人だけでなく、多くの子どもたちに訪れてほしい。(Mika Tanaka)
 
ポーラ美術館
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山 1285
 
会期 : 2018年7月22日(日)〜12月2日(日)
※9月27日(木)は展示替えのため休室(常設展示は閲覧可)
 
開館時間 : 9:00〜17:00 (入館は16:30まで)
 
入館料:大人 1,800円、 シニア割引・65歳以上 1,600円
大学・高校生 1,300円、 中・小学生700円
※料金は消費税込み
※土曜日は、中学生・小学生の入館料は無料
 
問い合わせ:0460-84-2111
 
美術館公式サイト : http://www.polamuseum.or.jp

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!
 
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。
 
メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。
 
質問 「Quel est le titre français du tableau présenté dans l’article?」
 
締め切りは2018年7月30日(月)、正午です。
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
ページ先頭へ
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.1.5