logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
パリジエンヌ展La Parisienne
投稿日 2018年2月16日
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 51.2 kb
ピエール・カルダン《ドレス》1965年頃 Joyce Arnold Rusoff Fund 1998.436 Photograph ©Museum of Fine Arts, Boston
 
フランス文化の中心がヴェルサイユからパリへ移り変わっていった時代、人々は「パリジェンヌ」という生き方への憧れを鮮明にしていった。ナポレオン3世のパリ大改造によって近代化が進み、女性の衣服や靴、生活様式、そして女性の働き方や生き方の概念が大きく変化していく。それは世界の人々を魅了し、絵画や服飾デザインにも深く影響していった。
ドガやルノワールが描いた女性の肖像、カルダンやバレンシアガのドレス、ブリジット・バルドーなどの映画や舞台で活躍した女優の写真、当時の広告やポストカードなど、移り変わる世相の中で活躍した女性たちの姿が垣間見れる。さらに、今回の展覧会ではマネの大作『街の歌い手』が約70年ぶりの修復を経て公開される。
時代とともに力強く生きる「パリジェンヌ」への憧れは現代においても続いており、私たちを魅了している。その変遷が体感できる展覧会となっている。(Eiko Suzuki)
 
世田谷美術館
1月13日(土)〜4月1日(日) 10:00〜18:00 ※入場は17:30まで
月曜日休館 ※2月12日(月・振替休日)は開館、翌13日(火)は休館
一般 1500円、65歳以上 1200円、大高生 900円、中小生 500円
03-5777-8600 (ハローダイヤル)

読者プレゼント
招待券を5組10名様にプレゼント!
 
<応募方法>
応募は『フラン・パルレ』のメーリングリストに登録されている方を対象としております。登録は無料ですので、未登録の方は、メインページからメーリングリストへの登録をお願いいたします。
 
メールにてご応募下さい。
件名には下記の質問の答えをフランス語で記入し、またメッセージ欄にはお名前(ローマ字、日本語)を明記してご応募下さい。
当選された方は、チケット郵送用に82円切手を貼付した封筒(住所の記入もお願いします)のご用意をお願いしております。
 
質問 「Qui est le créateur de la robe représentée?」
 
締め切りは2018年2月22日(木)、正午です。
 
複数の応募は可能ですが、1つのプレゼントにつき1通のメールをお願いしております。

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
ページ先頭へ
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.1.21