logo site
フラン•パルレ Franc-Parler
La francophonie au Japon

Rédaction du journal:
Rédacteur en chef: Éric Priou
Rédaction: Karen, Shigehiro Kobayashi, Utako Kurihara, Rika S., Hikaru Taga

La francophonie au Japon
Franc-Parlerフランス語圏情報ウェブマガジン フラン・パルレ
〒169−0075新宿区高田馬場1−31−8−428
1-31-8-428 Takadanobaba, Shinjuku-ku, 169-0075 Tokyo

Tel/Fax: 03-5272-3467
E-mail:contact@franc-parler.jp
http://franc-parler.jp

logo article ou rubrique
『ライオンは今夜死ぬ』Le lion est mort ce soir
logo imprimer
Enregistrer au format PDF
<span class="caps">JPEG</span> - 140.4 kb
© 2017-FILM-IN-EVOLUTIONLES PRODUCTIONS BALTHAZARBITTERS END
『ライオンは今夜死ぬ』
 
「僕も死んだお父さんに会えるの?」
 1人の少年が、老年の俳優に問いかけるシーンが忘れられない。
 舞台は南仏のコート・ダジュール。老年の俳優・ジャン(ジャン=ピエール・レオー)がどのように「死」を演じたらよいか、悩むシーンから始まる。撮影の合間、ジャンがかつての恋人が住んでいた屋敷を訪れると、突然、恋人だったジュリエット(ポーリーヌ・エチエンヌ)が現れる。若い頃のままの姿で。幽霊と呼ぶにはあまりにも生き生きとしたジュリエットを、ジャンは抱きしめ、愛を語る。そんな恋人との奇妙な日々と同時進行ですすめられるのが、こどもたちとの交流だ。「僕たちの映画に出演してくれませんか?」という誘いを快諾、ジャンは映画づくりのノウハウを後輩に伝授し始める。ジャンはこどもたちに恋人の話を語り、こどもたちは真剣に耳を傾ける・・・・・・映画のタイトル、「ライオンは今夜死ぬ」は、ジャン=ピエール・レオー自身が好きな歌で、劇中、ロケハンに中のバスでこどもたちと一緒に歌うシーンが流れる。また、ジャンとジュリエットの会話の一部は、ジャン=ピエール・レオーの父ピエール=レオーが書いた戯曲から取り入れた。子役はすべて、映画制作に興味を持つ子どもたち。劇中の映画制作は本当のワークショップで、彼らは脚本にしばられることなく、自由に映画づくりと自分たちの役柄を演じている。十代からトリュフォーの映画に出演していた、ジャン=ピエール・レオーが、子どもたちを通して、あらためて映画の素晴らしさに気づかされるという演出のなんと粋なこと!きらきらと光る湖のシーンがものすごく綺麗で、ものすごく切ない。数々の粋で詩的な演出を思いついたのが、日本出身の諏訪敦彦監督であることを誇りに思う。(Mika Tanaka)
 
監督:諏訪敦彦
出演:ジャン=ピエール・レオー、ポーリーヌ・エチエンヌ、イザベル・ヴェンガルテン
2017年/フランス・日本/103分
 
Le lion est mort ce soir de Nobuhiro Suwa avec Jean-Pierre Léaud, Pauline Étienne, Maud Wyler, Isabelle Weingarten; 2017, France, Japon, 103 mn
 

チップお問い合わせ チップ管理ページ チップ RSS

2018-2018 © フラン•パルレ Franc-Parler - All right reserved/Tous droits réservés
ページ先頭へ
SPIP で制作されたサイト
使用したテンプレートは ESCAL 4.1.6